自衛消防訓練

今日は、弊社で物件管理させていただいる事務所テナントビルの自衛消防訓練でした。

1年に1回実施しており、入居されているテナント(会社)様にも積極的にご参加いただくようお願いしておりますが、平日日中の訓練ですので、当然皆様、業務中ですので、全員の方にご参加いただくことは現実的に難しいものであります。

しかし、こちらのビルでは弊社でいくつか管理させていただいているビルの中でも、もっとも多くの方にご参加いただけていて、管理会社として素直に嬉しい限りです。

万が一、火災が発生した場合の延焼を防ぐために重要なことは、早期発見と初期消火です。(もちろん命を守る行動が最優先なことは言わずもがなですが)
ここで大切なことは、テナントビルの防火は「自衛」にて行うという意識です。

ビルなどには、必ず消火器が設置されています。
使用方法は、とても単純で、力も必要ありません。

でも、いざというときに消火器をさわったこともなければ、きっと消火器による初期消火はとても難しく感じることでしょう。もちろん取扱説明は容器に記載されていますが、火災発生時に読む余裕なんてありません。

安全ピンを抜く→ホースを火元へ向ける→レバーを握る

毎年の訓練時には、水消火器(模擬消火器)を使用して、実際に取り扱っていただきます。

実際に、安全ピンを抜く前にレバーを握ろうとしたり、ホースを上方向に向けたり、怖がって触るのを躊躇したり。そういった様子を見かけます。

でも実際にやってみると「簡単なんだね」と、おっしゃいます。

こうした「自衛」の意識を高めるということも、私たちの大切な仕事です。

なお、今年は例年以上にご参加いただいた人数が多かったことにも驚きました。

もしかすると、最近多い地震や自然災害などで、防災意識が高まっているのかもしれないなと感じました。

Follow me!